求人情報の詳細

団体名 または 会社名国⽴研究開発法⼈科学技術振興機構 ⽇本科学未来館
募集職種科学コミュニケーター
募集人数7 人
募集分野・業務内容日本科学未来館で展示解説や調査、企画、プロモーションなどに携わり、科学技術と社会をつなぐ業務です。

【具体的には】
◎展示フロアで来館者との対話を中心とした展示解説や実演
◎第一線で活躍する研究者や企業等との協働により、未来館内外での科学コミュニケーション活動(イベント等)の企画・実施 ・プロモーション
◎展示制作に関わる調査・企画・開発
◎国内外の科学館や大学等との連携協力
◎科学情報の発信(ブログや新聞・雑誌記事等の執筆)
◎国内外の学会等における発表 など
応募資格未来館の基本理念や活動内容をよく理解し、問題意識をもって新しいことにチャレンジできる人材を求めています。

◆必須条件
・学位が修士以上(文理不問)、または相当(学部6年制など)

◆次の知識・スキルがあれば尚可
・科学技術に関する基礎知識のある方
・外国語が堪能な方、英語についてはTOEIC730点相当以上、日本語についてはビジネス日本語能力テストJ2レベル相当以上
・社会人経験2年以上または同等の経験がある方
提出書類転職サイト「リクナビNEXT」よりエントリーをお願いいたします。
エントリーいただいた方に応募書類などに関する詳細をご案内いたします。
(エントリー期間:平成30年11月16日(金)~平成30年12月13日(木) まで)
「リクナビNEXT」
https://next.rikunabi.com/company/cmi0478643013/nx1_rq0016923597/?fr=cp_s00700&list_disp_no=8&leadtc=n_ichiran_cst_n3_ttl

※応募書類提出締切後に書類選考を行います。書類選考結果につきましては、応募者全員に1月上旬までにご連絡いたします。
選考方法①WEBエントリー(12月13日まで)  ↓ ②書類提出(12月18日必着※郵送) <応募書類> (1)履歴書(所定の書式) (2)職務経歴書 (3)志望理由 (4)TOEICスコア(写) ※スコアをお持ちの方 (5)任意書類 ※補足資料がある場合  ↓ ③書類選考(12月下旬)  ↓ ④1次選考(説明会及び筆記試験、面接/1月中旬予定)  ↓ ⑤2次選考(面接/1月下旬~2月上旬)  ↓ ⑥内定(2月中旬予定)  ↓ ⑦採用日(平成31年4月1日厳守) ※選考の時期や内容は変更となる場合がございます。予めご了承願います。
着任時期平成31年4月1日 ※厳守
勤務時間9:30~18:00(所定労働時間7.5時間、昼休憩60分) ※業務上必要がある時に限り、所定時間外労働あり
勤務形態任期制職員 ※初回は1年契約、契約更新により最長5年まで
勤務地⽇本科学未来館(東京都江東区⻘海2‒3‒6)
処遇・待遇国立研究開発法人科学技術振興機構 日本科学未来館 任期制職員 ◆初年度は単年度契約 契約期間は、採用日から事業年度末までとする(採用日が2019年4月1日の場合の契約期間は、2019年4月1日~2020年3月31日)。 ◆次年度以降の契約更新については、人事評価等により未来館が必要と判断した場合に限り可能。 (採用後、一定期間以内にTOEIC730点以上の点数を取得したことを証する書類を提出することが更新条件の一つとなります) ◆契約期間は最長5年までとし、更新回数は4回を限度とする。 ※但し、事業年度中に65歳に達する時は、更新回数に関わらず当該事業年度末日をもって雇用契約を終了とする。  事業の改廃、国における予算の状況その他の事情により、 契約更新を行わない場合がある。 試用期間:6ヵ月(※試用期間中も諸待遇の変更はありません。) 給与:月給26万円以上(諸手当除く) ※経験・スキル等を考慮し規程により決定いたします。 通勤手当(月額上限55,000円)、超過勤務手当、住居手当、扶養手当 など 健康保険(科学技術健康保険組合)、厚生年金保険、科学技術企業年金基金、雇用保険、労働者災害補償保険加入
応募締切日【WEBエントリー】2018年12⽉13⽇ 【書類提出】2018年12⽉18⽇(必着)
参考URLhttp://www.miraikan.jst.go.jp/employment/sc_20181116.html
特記事項
■書類提出先
郵便番号135‒0064
住所東京都江東区⻘海2‒3‒6
部署名⽇本科学未来館 経営管理室
担当者名採⽤担当
■問い合わせ先
部署名⽇本科学未来館 経営管理室
担当者名採⽤担当
TEL03-3570-9212
FAX
E-mailアドレスsaiyou@miraikan.jst.go.jp