2018年度(平成30年)奨励賞、JB論文賞 が決定しました.

奨励賞

・ 瀬川 勝盛 氏(大阪大学免疫学フロンティア研究センター)

   「リン脂質の移層と死細胞の認識機構」

・ 佐藤 礼子 氏(東京薬科大学生命科学部)

   「がん細胞における薬剤耐性制御機構に関わるタンパク質の解析」

・ 吉種 光  氏(東京大学大学院理学系研究科)

   「マウス体内時計における時計因子の転写後および翻訳後制御に関する研究」

・ 矢木 宏和 氏(名古屋市立大学大学院薬学研究科)

   「タンパク質の糖鎖修飾の特異性を決定する分子メカニズムの解明」

・ 山野 晃史 氏(東京都医学総合研究所)

   「損傷ミトコンドリア選択的分解の研究」

 

JB論文賞

・ Tomoya Kujirai, Shinichi Machida, Akihisa Osakabe, Hitoshi Kurumizaka
   「Influence of polynucleosome preparation methods on sedimentation velocity analysis of chromatin」

 

・ Takayuki Kawaguchi, Shinichi Machida, Hitoshi Kurumizaka, Hideaki Tagami, Jun-ichi Nakayama
   「Phosphorylation of CBX2 controls its nucleosome-binding specificity」

 

・ Keiko Akasaka-Manya, Masaki Kawamura, Hiroki Tsumoto, Yuko Saito, Yuriko Tachida,
    Shinobu Kitazume, Hiroyuki Hatsuta, Yuri Miura, Shin-ichi Hisanaga,
    Shigeo Murayama, Yasuhiro Hashimoto, Hiroshi Manya, Tamao Endo
   「Excess APP O-glycosylation by GalNAc-T6 decreases Aβ production」

 

・ Kazuyuki Yamagata, Akira Kobayashi
   「The cysteine-rich domain of TET2 binds preferentially to mono- and dimethylated histone H3K36」

 

・ Mihoko Sutoh Yoneyama, Yuki Tobisawa, Shingo Hatakeyama, Misaki Sato, Kiyoshi Tone,

      Yota Tatara, Ikuko Kakizaki, Tomihisa Funyu, Minoru Fukuda, Senji Hoshi, Chikara Ohyama,

      Shigeru Tsuboi
   「A mechanism for evasion of CTL immunity by altered O-glycosylation of HLA class I」

 

今までの受賞者は http://www.jbsoc.or.jp/support(本学会の賞/助成)からご覧ください.